Riho リフォームならRiho(リホ) リフォームニュースサイト
リフォームニュースサイト
(九州・山口版)

九州・山口のリフォーム情報を手軽にチェック!
menuMenu

リフォームならRiho(リホ)|福岡・北九州・山口・佐賀・大分で展開中

理想の住まいをお得に実現!【リノベーション】

[11/22/23]


住宅購入をお考えの皆さま、資金のことは気になりますね。

 

例えば、福岡市周辺で新築一戸建てを購入する場合、4~5,000万円前後は必要になりそうですし、市内中心部の家族向け新築マンションは、立地が良い物件であれば、6,000万円前後。予算的には『住宅購入は無理かも!』ってなりますよね。

 

でも、理想の住まいをリーズナブルに手に入れる方法は、他にもあります。それが【リノベーション】です。

 

 

 

【リノベーションのメリット①コスパが魅力】

~新築より、費用が抑えられます。通常、新築の8割でフルリノベーションした住宅が手に入ると言われています。

 

《リノベーションの留意点は?》

リノベーションをする際には、キッチンやリビング、玄関、外構といったリノベ対象箇所の中で、どこに予算をかけ、どこはコストを押さえるのか、そのあたりのメリハリを考え、ご自身の理想の住まいをイメージしてみましょう。

ちょっとワクワクしてきますね。

 

すべての場所の費用を抑え、スタンダードな部材で構成すれば、格安でリノベーションを行うこともできます。また、バスタイムにこだわりたい!愛犬と遊ぶ庭にこだわりたい!たくさんの友だちが呼べるにぎやかなキッチンをつくりたい!会社のみんなに自慢できる在宅ワークのスペースが欲しい!といった個々の夢を実現できるところもリノベーションの楽しさです。

 

リノベーションが決まったら、最寄りのリフォーム会社に相談してみましょう。どこのリフォーム会社に相談したら良いか分からない場合はRihoまでご相談ください。

北部九州エリアで、100社を超えるリフォーム会社をご紹介できますので、「女性の担当者がいい」とか、「TOTO商品でリフォームしたい」といったご要望をお聞きして、適切なリフォーム会社をご紹介します。

《Rihoに相談》

https://ri-ho.jp/contacts/index/type:a

 

現在は、リノベーションの一部作業に、家族みんなで加わって、思い出に残すといった家族イベントとして活用されている方もいらっしゃいます。これは、住宅取得コストを下げるという意味では、あまり大きな効果はありませんが、何十年も暮らしていく住宅に、大切な記憶を残すという意味では、新築にはない楽しみかもしれません。

大事なリノベーションなので、一部は家族で対応するとしても、事前にリフォーム会社としっかり打ち合わせをしておくことはお忘れなく。

 

 

《リノベーションは、固定資産税の軽減のメリットも》

また、住宅には固定資産税がかかりますが、20年を超えた家屋については、マンションも一戸建ても半額近くまで下がります(土地に関する固定資産税については、場所によって変わります)。

新築のように、住宅を解体、更地から立て直しというものでないリノベーションの場合は、家屋の固定資産税は現状維持のままとなり、ここもリノベーションがお得なところになります。

 

ただし、主要構造部(柱や壁、床、屋根、梁、階段)を改修する「スケルトンリフォーム」や「増築リフォーム」などは建物の価値が上がったということで固定資産税も上昇します。

 

逆に固定資産税を下げるリフォームとしては「耐震リフォーム」「省エネリフォーム」「バリアフリーリフォーム」(いずれも1年間、固定資産税が下がります)があります。

 

このあたりも、リフォーム会社やRihoに不明点はご確認ください。

《Rihoに相談》

https://ri-ho.jp/contacts/index/type:a

 

 

《最新の補助金情報にも注目したい!》

リノベーションやリフォームでは、国や県、市などから色々な補助金が利用できます。リノベーションのコスパをさらに下げる為には、事前に補助金情報も調べておくことも大事ですね。

※Rihoがお客様がリノベーションを計画されているご住所で使用可能な補助金情報をお調べすることも可能です。

Rihoまでお問い合わせください。

《Rihoに相談》

https://ri-ho.jp/contacts/index/type:a

 

リノベーションやリフォームに対する国からの補助金は、温暖化対策に対する補助事業としても位置づけられ、2024年度は、さらに予算を拡大される見込みです。

 

直近の国会で閣議決定された令和5年度の補正予算で、リノベーションに関わる補助金が設定されました。「先進的窓リノベ」や「高効率給湯器導入促進による家庭部門の省エネルギー推進事業費補助金」「子育てエコホーム支援事業」があり、数万円から数百万円台の補助金が用意されています。

※詳しくは以下URLでご確認ください。

https://jutaku-shoene2023.mlit.go.jp/news/touroku_continuation.html

 

これら補助金は予算に上限があり、令和5年度中に実施するものになります。早めに申請されるのがオススメです。ただし、申請には工事完了証明等が必要であり、リフォーム会社経由での申請も多く、事前にリフォーム会社への相談、もしくはRihoまでご相談ください。

《Rihoに相談》

https://ri-ho.jp/contacts/index/type:a

 

また、令和6年度にも今年度同様、リノベーション/リフォームに関する補助金が見込まれます。最新情報はRihoのニュースで適時配信します。

 

 

【リノベーションのメリット②多数の選択肢から選び、住みたい場所に住める】

リノベーションは、既存の住宅をベースに、内装や設備などを一新して住まいを新築同様に作り変えます。その際、既存の住宅は新築に比べ圧倒的に数が多く、住みたいエリアの多数の候補物件の中から、ご自身の条件に合ったを見つけることができます。

 

これもリノベーションのメリットです。数が多いということは、間取りや面積、物件価格の幅も広く、自分の理想の住まいを実現する基盤として、たくさんの選択肢が得られます。

 

 

【リノベーションのメリット③理想の住まいを実現】

リノベーションの場合、住まいを新築並みの快適さに改修していくのですが、部材のグレードは色んなメーカーの色んなグレードから自由に選べます。

 

大手住宅設備メーカーのTOTOやLIXIL、Panasonicなどでもデザインや素材、機能などがそれぞれ異なります。

例えば、TOTOなどではは陶器でつくる便器が、パナソニックでは樹脂で作られ、その分デザインの自由度が高かったりと、結構違いがあります。

 

キッチンでは、タカラスタンダードやクリナップも有名ですし、給湯器ではリンナイのウルトラファインバブル給湯器など話題の商品もあり、GRAFTEKTのような高級キッチンブランドもあります。

 

実物を確認するのであれば、各メーカーのショールームに行ってみましょう!メーカーショールームは、メーカー毎の違いを無料で体感できる場所です。Rihoでは、各メーカーショールーム事前予約もできますので、お気軽にご相談ください。

《Rihoに相談》

 

https://ri-ho.jp/contacts/index/type:a

 

 

 

 

【代表的なリノベーション事例を2つご紹介します/Riho掲載分】

・今の暮らしに合わせて平屋をリノベーション

https://ri-ho.jp/portfolios/view/2682/reform_category_id:66

 

・戸建リノベーション ~家族が集う家に~

https://ri-ho.jp/portfolios/view/2666/reform_category_id:66

 

 

Rihoでは、リノベーションに関する最新ニュースも取り上げていきます。

 

リノベーションに関する様々なご質問もお受付しています。

《Rihoに相談》

https://ri-ho.jp/contacts/index/type:a

 

最新のRihoニュースはLINEでお知らせしています。お得な情報やお役立ち情報をタイムリーに配信しています。

ぜひLINEの友だち登録よろしくお願いします。

https://line.me/R/ti/p/Ie5IiLYLlr

Riho Rihoに相談してみる
【お問い合わせ】
Riho運営事務局 株式会社デンヒチ
営業時間 / 平日10:00~17:00
Riho Rihoに相談してみる