Riho リフォームならRiho(リホ) リフォームニュースサイト
リフォームニュースサイト
(九州・山口版)

九州・山口のリフォーム情報を手軽にチェック!
menuMenu

リフォームならRiho(リホ)|福岡・北九州・山口・佐賀・大分で展開中

深掘りシリーズ~パナソニック①  ・キッチン、バス、トイレ編

[02/10/23]


《深掘りシリーズ》~今回は、「パナソニック」を深掘り!

 

パナソニックの住宅設備機器の特長・個性を今回は深掘り‼

TOTOやLIXILのような住宅設備機器会社に対して、後発メーカーならではの個性的な住宅設備機器づくりを行っていました。

他社と異なる商品特長を含め、詳しく分析していきます。

 

▼キッチン

まずは、「キッチン」から。 

パナソニックキッチンは、3つのシリーズがあります。

・L-CLASS(ハイグレード)
・ラクシーナ(スタンダード)
・V-style(シンプル)

 

L-CLASSシリーズは『こだわりを叶えることの本質から考えた、「暮らしをスタイリングする」キッチン』とメーカーが説明している通り、スタイリッシュな最高級シリーズになります。 

特長①美しい空間をかなえる無駄のないディティール

 

特長②あなたらしさが活きる空間づくり

 

特長③先進機器による快適性

 

○L-CLASSシリーズはブラックのシンク、ダーククロムメッキ仕上げの水栓、カウンターで、ブラック系のコーディネイトを洗練させたり、グレイッシュ系トレンドを押さえた新柄扉を追加したり、常に進化を続けています。

 

〈L-CLASSプラン例〉

L-CLASSを使ったステキなプラン例をご紹介します。

 

PLAN①:セミフロート対面(ペニンシュラ)+テーブルプラン~パステルトーンのおしゃれなキッチンに、テーブルを組み合わせて。

 

PLAN②:ラウンドアクセス ガラステーブルプラン(アイランド)~ブラックでシンプル&スタイリッシュ

 

 

ラクシーナシリーズは、『料理をすることが楽しみになる心地よさ、家族みんなが使いたくなるキッチン』とメーカーが説明している通り、「料理のしやすさ」を考え抜いてつくられたキッチンになっています。直近のアップデートで、ブラック・グレー系を含め幅広いコーディネイトが実現できるようになりました。

特長①ブラック・グレー系も含め。多彩なコーディネイトを実現。

 

特長②調理をテキパキ、おそうじをラクに。厳選アイテム。

 

○ラクシーナシリーズは、L-CLASSよりカジュアルな感じですが、両シリーズとも多彩な扉柄やカウンター色からお好きなものを選び、LDKの家具ともコーディネートが楽しめます。

 

〈ラクシーナプラン例〉

ラクシーナを使ったカジュアルでおしゃれなプラン例をご紹介します。

 

PLAN①:Ⅰ型 造作対面プラン~キッチンとお部屋を上品にコーディネート。

 

PLAN②:Ⅰ型 壁付けプラン~カップボードを通路を挟んで90度に配置。在宅ワークスペースにも使えます。

PLAN③:フラット対面プラン(ペニンシュラ)~黒基調に、お気に入りのレストランのような雰囲気を楽しめる空間に。

 

V-styleは『お掃除もお料理もテキパキはかどるシンプルキッチン』とメーカーが説明している通り、シンプルで洗練されたデザインや、テキパキ料理ができる動線設計、加えておそうじがラクで、エコで収納もしっかり用意された実用的なキッチンです。

 

特長①シンプルで洗練されたデザイン

 

特長②扉柄は37色ご用意/取っ手は4種類から選べます。

 

〈V-styleプラン例〉

V-styleを使ったプラン例をご紹介します。

 

PLAN①:Ⅰ型フラット対面プラン~シンプルで実用的だけど、見栄えも十分!

 

 

PLAN②:Ⅰ型造作対面プラン~収納スペースも十分。上質なシンプルキッチン。

 

○他の住宅設備メーカーには見られない、パナソニックキッチンならではの特長も豊富です。そこも探って行きましょう。

 

《他社キッチンでは見られない商品がありました‼》

横3口のワイドコンロです。

なんと、4口まであります。

4口コンロの使い方には、4つ鍋を並べて使う方法以外に、中央のヒーターを拡げて使う事が出来、ワイドパンなどもしっかり加熱できるといったこともできます。手前スペースも広々ですね。

ガスコンロの3口も同時に複数の鍋やグリルパンをゆったりスペースで使え、実はとっても便利です。手前のスペースも使え、ちょっと便利かも。

IHの4口では、対面側からでも操作できる対面操作コンロもラインナップされています。このユーザー視点に立った独自の商品開発がパナソニックの特長かもしれませんね。

 

コンロ以外はどうなっているのでしょうか?

換気扇を見てみました。他社同様にフラットなフードで、掃除がラクというところをアピールしています。

換気扇で、他社の違うのは、油が貯まるプレートを、なんと食器洗い乾燥機で洗えてしまうところ。

このあたりも出自が家電メーカーらしい商品づくりを感じますね。

シンクもラウンドアクセスシンクという独特のタイプもラインナップされており、キッチンを1方向からのアクセスだけでなく、色々な方向からアクセスできるタイプもあるというのがパナソニック。

パナソニックキッチンの特長をまとめたのが、このページ。

「スゴピカカウンター」や「立てて収納」「クッキングコンセント」まで、パナソニックのキッチンは、独自アイデアがたくさん詰まっています。

 

▼バスルーム

パナソニックのバスルームには、『空間の上質感を高め、身体と心をより良く整えるこだわりのバスルーム』とメーカーが説明するL-CLASSシリーズと、

『バスルームがもっと、わたしらしい場所になる。~多様なライフスタイルに合わせた入浴スタイルが選べる』BEVAS(ビバス)シリーズがあります。

 
L-CLASSシリーズ

特長①デザイン性(素材を磨き上げ、細部にこだわる)

メーカーからのメッセージは「『パナソニックのバスルームは、 心とからだを整える 「わたし」だけの楽園。バスルームという枠を超え、 もっと自由な発想で 自らの価値観、こだわり、美意識を ひとつひとつかたちにしてみませんか』といったもので、従来のバスルームの発想を超えた、新しいバスルームの在り方もメーカーは提案しています。

 

・湯上がりを愉しむとっておきの隠れ宿(戸建)

 

 

・リゾートに想いを馳せる癒しのスパ(戸建)

 

 

・映像に浸る大人のミッドナイトシアター(戸建)

 

などトータル6つの上質な『私だけの楽園』の提案がされています。

 

 特長②機能性(先進の機能が支える、バスタイム)

L-CLASSには《リゾートバブル》という「湧き上がるような大きなバブルが全身を心地よく刺激」する機能が標準でついています。

 

BEVASシリーズ

BEVASシリーズは、《わたし仕様が叶う》というところがコンセプト。

特長①空間、素材のびがく(2in1(機能+機能)で空間すっきり。美しいバスルームへのこだわり。)

 

 

特長②わたしもお風呂もみがく(毎日のバスタイムをより楽しくする機能)

 

 

特長③わたしににあう(3stepでつくれるビバスの空間コーディネイト)

 

 

▼バスルーム

バスルームでも、パナソニックは他の住宅設備メーカーには見られない特長も豊富です。そこも探って行きましょう。

 

家電メーカーらしい特長でいくと、まず「フラットパネルLED照明」でしょうか?

 

面で光る照明なので、天窓からの明かりのような開放感があります。他にも、「線状のLED照明」や「ピンホールLED照明」もあります。加えて、白色から電球色へ光の色を変えたりもできます。

照明器具については、他の住宅設備メーカーに比べ、こだわりの強さを感じます。

照明以外では、先にご説明しました「酸素美泡湯」という独自の入浴湯の生成機能を持っています。

 

「酸素美泡湯」というのは、酸素を含んだミクロの泡を給湯することで、39度程度の温めのお湯でもしっかりと体を温め、また、肌表面をやさしくキレイにする洗浄力があるとのこと。

湯冷めもしにくく、入浴剤いらずの美肌の湯というところでしょうか。

 加えて、高価格帯の商品だけでなく、幅広いシリーズで「酸素美泡湯」機能は選べます。

 TOTOの最高級シリーズ「シンラ」には、肩部分に打たせ湯が流れる「肩楽湯」という機能があったり、LIXILの最高級シリーズ「スパージュ」にも「肩湯」というものがあったりしますが、お湯の質そのものに特長づけを行い、幅広いシリーズで選べるといったところも、パナソニックの商品づくりの個性ですね。

 

パナソニックのバスルームのその他特長は、面倒なお風呂掃除をラクにする「スゴピカ浴槽」の機能があります。「スゴピカ浴槽」も、幅広いシリーズに標準でついています。

 

 

▼トイレ

 

パナソニックのトイレは、「アラウーノ」という商品名で展開しており、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

 

パナソニックのトイレ=アラウーノというネーミング通り、便器の掃除のしやすさやトイレ自身が掃除をする機能を持っています。

まず「オゾンウォーター」で除菌、「激落ちバブル」で泡と水流を使った洗浄、「トリプルガード」でトビハネ汚れ防止、スゴピカ素材(浴室でも使われてましたね)で汚れがつきにくい。

といった機能です。

LIXILやTOTOも汚れ落ちの良さや便器自身による洗浄機能を持っていますので、ここは横並び状態かも知れません。

 

他社と大きな違いは、パナソニックのトイレは、便器が陶器製ではなく、樹脂製。樹脂は、陶器より汚れが付きにくく、また隙間の少ない製品を作ることができます。

また、パナソニックのトイレシリーズは、すべてがタンクレスになっていますので、トイレをすっきりシンプルにすることができます。

 

〈パナソニックトイレの特長〉

 

 

パナソニック深掘り 「まとめ」

 

《キッチン》

・キッチンは、L-CLASS(ハイグレード)、ラクシーナ(スタンダード)、V-style(シンプル)という3つのシリーズがあります。幅広いラインナップからご希望に沿ったキッチンづくりが可能です。

 

〈パナソニックならではの特長〉

・ワイド3口/4口という独自規格のコンロ、IHでは、対面型キッチンの両サイドから操作できるものもあり。

・換気扇のお掃除は他社同様かんたん。油がたまるプレートは、キッチンにビルトインされた食器洗い乾燥機で洗うことができる。

・その他、ラウンド型シンクで色々な角度から食器が洗える。おそうじラクな「スゴピカ素材」

 

《バスルーム》

・L-CLASS(上質&先進機能)シリーズとBEVAS(ビバス/わたし仕様が叶う)シリーズがあります。どちらもスタイリッシュなシリーズとなっています。

 

〈パナソニックならではの特長〉

・天窓からの明かりのような「フラットパネルLED照明」。

・ 「酸素美泡湯」という独自の入浴湯の機能。

・面倒なお風呂掃除をラクにする「スゴピカ浴槽」や、最高級のLクラスシリーズのみに標準でついてくる「リゾートバブル」

 

《トイレ》

・アラウーノで有名ですね。

 

〈パナソニックならではの特長〉

・便器が陶器製ではなく、樹脂製。樹脂は、表面が「スゴピカ」素材で、陶器より汚れが付きにくく、また隙間の少ないすっきりとしたデザインにすることができます。

・パナソニックのトイレシリーズは、すべてがタンクレス。スッキリシンプルなトイレ。

 

 

パナソニックの深掘り、いかがだったでしょうか?

大手住宅設備メーカーの中でも、後発組のパナソニックは、後発のメリットを活かし、独自の特長を持つことが分かります。リフォームされる場合には、メーカー別の特長を知ることも重要ですね。

 

 

Rihoでは、パナソニック製品を使用したリフォーム事例を確認できます。

 

〈キッチン事例〉

『多彩な組み合わせ&汎用性のある「Lクラス」システムキッチン』

多彩な組み合わせと汎用性のあるパナソニックの「リビングステーション Lクラス」キッチンで、使いやすく、すっきりとした居心地の良い空間を実現しました。

https://ri-ho.jp/portfolios/view/2480/page:3/builder_id:165/wide_area_id:1/area_id:14

 

〈キッチン+給湯事例〉

設置イメージをプラン図でご説明 だから安心!お任せください!!

 

選んで頂いた機器は、パナソニックのIHクッキングヒーターと、エコキュート。

もちろん、そのご期待に沿えるよう、エコキュートの設置計画もプラン図を作成の上、

現場調査、施工と、万全の段取りで臨みました。

https://ri-ho.jp/portfolios/view/1020/builder_id:35/wide_area_id:1/area_id:21

 

〈キッチン事例〉

調理スタジオのようなキッチンが完成

 

アイランドキッチンの施工事例です。キッチンは、パナソニック・キッチン(リビングステーションLクラス)です。ウォールナット系のダーク色の床に同系色のキッチンの扉色をセレクト。まるで調理スタジオのようなキッチンスペースが完成されました。

https://ri-ho.jp/portfolios/view/1000/builder_id:35/wide_area_id:1/area_id:21/page:2

 

これからも、Rihoでは皆さまの役立つリフォーム関連情報を配信していきます。

これからもよろしくお願いします。

 

Riho Rihoに相談してみる
【お問い合わせ】
Riho運営事務局 株式会社デンヒチ
営業時間 / 平日10:00~17:00
Riho Rihoに相談してみる