システムキッチン選びのポイント

一口にシステムキッチンといっても種類はさまざま。キッチンのカタチでLDKのレイアウトも変わります。リフォーム前にしっかりチェックしましょう!

記事の監修Riho事務局

地域のリフォーム店100社以上のポータルサイトを運営

セクショナルキッチンとシステムキッチン

キッチンには、コンロや調理台、シンクなどを選んで 組み合わせる “セクショナルキッチン” と、一体成型されてつなぎ目がない “システムキッチン” があります。現在は、お手入れがしやすいことからシステムキッチンが主流です。

システムキッチンの種類

I型

コンロ・調理台・シンクが横一列に並んだもので、壁付けタイプと対面タイプがあります。場所を取らないので、もっとも多く採用されます。調理スペースが広いと、端から端の移動が面倒で、作業効率も悪くなりがちなので注意を。

L型

壁付けのキッチンと対面キッチンをL字につなげたようなカタチです。作業スペースが広く、移動距離も短いので、作業効率のよいキッチンですが、コーナー部分の収納がデッドスペースになりやすいので、活用方法に工夫が必要です。

アイランドキッチン

壁と接する部分がなく、「島」のように独立しています。開放感があり、動きやすく、家族や友達とコミュニケーションがとりやすいのが特徴ですが、設置には広いスペースが必要。手元が丸見えになるので、いつもキレイにしておかないと、オシャレが台無しになります。

ペニンシュラキッチン

「半島」という意味で、アイランドキッチンの壁付けタイプ。アイランドキッチンより省スペース、省コストで済み、コンロを壁際に設置すれば、換気扇の種類も選べます。

セパレート型キッチン

シンクとコンロを分けて設置したもので、I型の壁付けタイプと対面タイプを両方セットしたようなキッチン。作業スペースが広いので、複数人での作業もラクラクですが、シンクからコンロ、コンロからシンクにモノを移動させるときにはこぼしたり、ぶつかったりしないか注意が必要です。

リフォームに役立つ情報や住まいを楽しくするヒントがいっぱい。
住まいの場所(部位)別で読みものにしました。

佐賀県にお住まいの方はこちら
佐賀県限定

リフォームお役立ちコンテンツ
部位別でリフォーム記事を検索