内装ドア選びのポイント

内装ドアは、部屋の入口のほか収納扉などにも使います。開閉の仕方やデザイン、機能もさまざまです。

記事の監修Riho事務局

地域のリフォーム店100社以上のポータルサイトを運営

内装ドアは部屋の入口のほか、収納扉などにも使うもの。おしゃれ上級者ほど、ドアにこだわる方が多く、重要なアイテムといえそうです。

開閉の仕方で選ぶ〜開き戸〜

ドアノブを回して、手間や奥に開閉するタイプ。気密性、防音性にすぐれますが、ドアの開閉には可動域のスペースが必要。狭い場所の場合は、可動域の小さい折戸タイプも選べます。

開閉の仕方で選ぶ〜引き戸〜

横にスライドさせるて開閉するタイプ。ドアの稼働スペースが不要で、狭い空間に適しています。固定しなくても開けたままにすることができ、車椅子の出入りにも便利。バリアフリー住宅によく採用されますが、気密性や防音性にはやや劣り、戸を収める戸袋がいるためドア2枚分のスペースが必要です。

デザインで選ぶ

近年の人気は、欧米でよくみる板チョコ、みたいな見た目のパネルドア。パネルの数によって6パネルドア、4パネルドアなどと呼ばれてます。

一方、若い世代のリノベーションで人気なのがアンティークテイストのガラス入りドア。ブルーやグリーンの目を引く塗装を施して、まさにインテリアの主役といった存在感です。

そのほか、壁紙を貼るタイプのドアは自由にコーディネートでき、将来張り替えてイメチェンすることも可能。表と裏で洋風、和風と別デザインのドアもあります。

機能で選ぶ

勢いよく閉めても最後はゆっくり静かに閉まるソフトクローズ機構付きドアや防音ドア、湿気を防ぐガラリ付ドア、くぐり戸付のペットドア、小窓付ドアなど、つけていてよかったと思える機能がいろいろあります。

リフォームお役立ちコンテンツ
部位別でリフォーム記事を検索

リフォームのプロに会いに行こう。
イベント.Riho
(イベント・セミナー情報)