バルコニーのお手入れ

屋根や外壁と同じく雨風をうけるバルコニーや濡れ縁も、破損や腐食の危険にさらされています。定期的に雑巾掛けを行って、ホコリなどを溜めないようにしましょう。

記事の監修Riho事務局

地域のリフォーム店100社以上のポータルサイトを運営

破損しやすいバルコニーや濡れ縁

屋根や外壁と同じく雨風をうけるバルコニーや濡れ縁も、日常的に使う場所だけに、破損や腐食の危険にさらされています。定期的に雑巾掛けを行って、ホコリなどを溜めないようにしましょう。また、多くの住宅では、バルコニーと部屋との段差はそれほど大きく取られていません。そのため、バルコニーの隅の排水溝が詰ったまま大雨が降ると、そこからあふれた水が室内に浸入してしまうことがあります。排水溝にゴミが溜まらないよう日常的に気をつけ、小まめな掃除を心がけましょう。

バルコニーの点検と補修

バルコニーの木製部分は、蟻害や破損、腐朽、また床部の反り、沈み等が起こります。蟻道の有無や木部塗装の色落ち、 剥がれ、汚れをチェックして、蟻道はただちに専門家へ相談。できれば3~5年ごとに再塗装すると良いでしょう。塗り替えは手の届く身近な場所だけでも、自分でやってみましょう。塗りたい面の汚れをよく落し、市販の塗料を取扱説明書に従っ て行えば問題ありません。 一方、鉄部分はサビが一番の注意点。サビが広がると手すりのぐらつきにも影響するので、その前にサビた部分を塗り替えて補修しましょう。まずサビをサンドペーパーでサンディング。サビ止め塗料で下塗りし、完全に乾いたら仕上げ塗装をします。

リフォームお役立ちコンテンツ
部位別でリフォーム記事を検索

リフォームのプロに会いに行こう。
イベント.Riho
(イベント・セミナー情報)