【 キッチン天板の素材選び 】

[09/03/18]


リフォームなどでシステムキッチンを入れる場合、機能やデザインだけでなくワークトップ(天板)の素材を検討することが大切です。一度つくると変更がきかないシステムキッチンだからこそ、素材のポイントを押さえておきましょう。

▮熱に強いステンレス

ステンレスは水、熱、サビに強く(もらいサビには注意)、汚れやニオイがつきにくいので衛生面にもすぐれています。価格もリーズナブルですが、残念な点はキズがつきやすいこと。

最近はキズが目立ちにくいようエンボス加工されたものもありますが、長く使ううちにエンボスの凸部分がすり切れて、耐用年数が短くなるといわれています。

▮おしゃれな人工(造)大理石

見た目の高級感と多彩なデザインで人気なのが人工(造)大理石。厳密には人工大理石と人造大理石があり、人造大理石は天然の大理石を粉砕して樹脂等で固めたもので、人工大理石はアクリル樹脂やポリエステル樹脂を固めた100%人工素材です。アクリル製のほうが少し高価で、その分耐久性が高くキズにも強いといわれています。

人工(造)大理石の魅力はもちろんインテリア性の高さ。ただし熱に弱く、変色を起こしやすいのが最大の欠点です。

熱いなべを直接置いたり、しょう油などのシミをそのままにしていると跡がくっきりついてとれません。紫外線にも弱く、年数がたつとだんだん黄変してくることも知っておきましょう。意外ですが、もらいサビにも要注意。材料が樹脂ですからキズもつきやすく、じつをいうと可燃物。燃焼すると有毒なガスが出るのでご注意ください。

 

 

▮天然石は衛生面が心配

大理石や御影石などの天然石は、やはり美しさと高級感が魅力。硬度が高く熱を伝えにくいため、パンやお菓子の生地づくりに最適です。

ただしクッションがないため、ガラスなどが割れやすいのが欠点。また多孔質で水が染み込みやすく、汚れやすいので衛生面での注意が必要です。加工性に劣るのはもちろん、とにかく重量があるので運搬、搬入が大変。分割したものを現場で接着するなど施工コストが高くつくのが難点です。 

 

イベントに参加
イベント.Riho
(イベント・セミナー情報)

他のRihoポータルを見る