トコロ変われば ~消費税25%の幸せな国~ ■デンマーク

[07/16/17]


 

福祉国家として知られるデンマークは、食料品も含む消費税率が25%、所得税も40~60%と給料の3分の1以上を占める世界一税金の高い国。国民はさぞかし不満だろうと思いきや、国連による「世界で最も幸せな国」ランキングでは堂々の第1位(2016)なのです。

もちろん福祉も介護も医療も無料。育児や障碍者支援制度も充実していることはわかっています。年金もデンマークにn3年以上住めばすべての国民に支給されるので老後の生活も保障されています。

教育費も当然大学院まで無料ですが、さらにいうと18歳以上の学生には月額約8万円の生活費が支給されます。というのもデンマークでは18歳で成人すると全員が家を出て自立するので、親にはもう扶養義務はないのです(0~17歳までは子ども手当が支給される)。

高校や大学は将来就きたい職業で選ぶため偏差値によるランクの必要もなし。卒業後は仕事に就けなくても失業手当がもらえ、大企業でも中小企業でも職種が同じなら同じ給料。残業もありません。

税金がどんなに高くても、生活に不安がないなら確かに幸福度は高そうです。