かわいいペットとの快適住まい

キレイな床を保ち、ペットとの時間を満喫

これまで頑張ってきた仕事が一段落したと思ったら一緒に住む家族が減って、なんだか急に時間ができるし、家の中は淋しいし・・・。そんなときに心の支えとなり、これからの生活の相棒となってくれるのが、愛くるしいペットたち。

人間と動物の歴史は長く、およそ1万5000年前にさかのぼります。狩猟のお供としての犬、家畜です。家畜はそんな大昔からありますが、愛玩動物いわゆる「ペット」としての始まりは日本では平安時代。現代も変わらず、いえ、もしかしたら昔以上に家族の一員として大事にされているペットは多いのかもしれません。

そして、ペットと共にする住まいには、傷みや汚れがつきもの。昔ながらの日本家屋であれば、解放されている造りでにおいも汚れも特に気にもならなかったようですが、現代の住宅事情ではマンションなどの密室で飼うこともしばしば。「かわいい愛犬との生活の代償」と諦めている人は多いと思います。

はたまた、つるつるしたフローリングがペットたちの関節病を引き起こすことも知られるようになりました。

このひとに聞きました

ペット共生住宅のプロ ロックホームサービス株式会社 チーフ 神田裕之さん

現代でも、ペットと人は快適に共生できる

現在は、傷や汚れによるシミを目立たなくする、フロアコーディングという技術があります。また、ペットとの住まいのために開発されているコーディング材なども。そうした最先端の建築情報を知っておくことは、これからの快適な住まい作りの手助けになるでしょう。

フロアコーディングとは、「ワックスの最上級品」と考えると分かりやすいかもしれません。ワックスは床を掃除して上から床を維持するための薬剤を塗布していきます。フロアコーディングの塗布剤にはガラス、ウレタン、シリコン、UVなどがあり、どのような機能を持たせたいかで選びます。床材を保護し、美しい光沢を長期間保ちます。ペットを室内で飼っている方も、お手入れが非常に楽になります。

エコで経済的な修復。部分的にも

気軽にできる
再生フローリング

最近はリビングや廊下、キッチンなどに一体感を持たせるため同じ床材を使用することも多いですが、これを張り替えるときは全てを変えなくてはいけません。一部だけ変えるのは・・・ちょっと格好がつきませんよね。

「ペットが老いを迎えれば粗相も増えるだろうし、それならもうこのままで・・・」となってしまいがちですが、そこで部分的に修復が可能なフロアコーディングの出番です。

フローリングの板材は合板に単板が貼ってある作り。単板のキズを修復することで、床材がかつての輝きを取り戻します。

気になっていたキズや汚れを諦めないでペットとの快適な生活を手に入れる方法が、まさにフロアコーディングなのです。

ペットとの快適住まいを叶えるアイデア

引っかき傷や汚れにも強くお手入れ簡単

大建工業「マンション用直張防音床材」ワンラブオトユカ45

マンションでペットを飼うときに気になる、「音」への悩みに配慮している床材。

さらに、ペットの足を痛めやすいすべりに配慮や、引っかき傷、擦り傷や汚れにも強く、お手入れも簡単といううれしい特長も。小型犬の歩き安さに配慮した、マンション用防音床材です。

こちらも「防滑オレフィン化粧シート」を採用。リビング、キッチン、子ども部屋、寝室、ダイニングなどの床に向いています。

愛犬の足腰にやさしいペット用床材

大建工業「戸建用各種用途床材」ワンラブフロアⅡ

小型犬の歩きやすさに配慮し、足腰のことを考えた床材です。汚れ、傷に強くお手入れカンタンで、ペットも人も快適な暮らしを提案します。

ペットの滑り推奨値と許容範囲を実現した、愛犬の快適な歩行を生み出す「防滑オレフィン化粧シート」を表面材に使用しています。

この記事に関する問い合わせはこちら

ペット共生住宅のプロ

ロックホームサービス株式会社
チーフ 神田 裕之さん(愛犬家住宅アドバイザー)

ロックホームサービスの始まり

引越しにまつわる業務と、住まいの工事の両輪で、父が30年前に創業した当社。現在は我々二人の息子、妹や母も一丸となり、さらに従業員も加えて運営しています。

ロックホームサービスの屋号は、お客様に自宅の鍵を任せられるほどの信頼を築いていけるように、と考えてつけたもの。住まい作りに信頼関係は不可欠です。

ロックホームサービス、仕事への姿勢

弟は職人、私が営業担当ではありますが、長年手伝いをやってきたこともあり、私もついつい現場で職人さんと過ごすことが多くて。お客様、職人さん、私たち、常に「三者共栄」でよい家ができる、という思いがあります。逆に言えば、まずは職人さんとの関係が良好でないと、良い家作りはできません。その点では、当社は磐石かなという自負はあります。

家とは、家族が「帰って来たい」と思う場所でないといけない。55世代(55歳世代)はこれからさらに、家にいる時間が増えるので、これはとても大事なことです。

私たちは、お客様の住まいに対する希望を汲み取り、実現していかなければなりません。それができたときの達成感やお客様からもらう笑顔は最高です。プレッシャーももちろんあるけれど、その分本当にうれしいものです。

床のみならず、
さまざまなモノの「修繕」もお任せ

私たちの得意とするのは床や家具などの「修復」。全部やりかえるより費用削減にもなりますし、モノを大切にしていくことで無駄を省くことができます。

お客様の多くを占める55世代(55歳世代)には、こんな私たちの考えを気に入ってくださる方が多いです。こうしたお客様に支えられてこれまでやってこられたのだと思います。実は今まで、広告を打つなどの宣伝をしたことがありません。一度床を治したお客さまから、引き続いて家具の修復のご依頼があったり、知り合いを紹介してくださったり、という感じで脈々と続いてきました。

中でもフロアコーディングの腕は、高く評価をいただいています。ペットが付けた傷やおしっこのシミの修復などが多いです。「これはひどい」というものも、ある程度のところまでは目立たなくすることができます。

私は愛犬家住宅アドバイザーでもあるので、ペットとの住まいの悩みもご相談ください。

これからのビジョン

近年の技術の進歩は目覚しいです。テレビもどんどん薄型になり、壁掛けタイプも出始めています。そのうち、家と家電が一体型になるという時代もそんなに遠くないようです。

例えば、ステレオやテレビを壁に組み込んで、美しく設置できるような空間作りが求められるようになる。家電と住まいの融合は、特に55世代(55歳世代)の男性が関心を持つのでは考えています。

リフォーム屋として、それに対応していかなければならない時代はすぐやってくる。弊社の今後の課題でもあると思っています。

リフォーム店名 快適なくらしのお手伝い

ロックホームサービス株式会社 【詳細情報へ】

施工事例数 0件 【施工事例一覧へ】 5年保障対応店

住所 〒8130023 福岡県 福岡市東区蒲田2-32-29
電話番号 050-3542-0269 (営業時間:9:00〜18:00 定休日:日曜 祝日)
FAX 092-402-6971
得意工事
  • 電気工事
  • 太陽光
  • インテリア
  • 省エネ
  • リノベーション
  • バリアフリー
  • オール電化
  • 耐震補強
  • キッチン
  • バス
  • トイレ・洗面
  • 断熱外壁
対応可能エリア

春日市、古賀市、太宰府市、筑後市、筑紫野市、福岡市、福津市、宗像市

Rihoレポート

取材時も、ご家族一丸となって運営にあたられている様子がよく伝わってきました。
家族だからこそ遠慮も忘れ、ついつい本音でぶつかり合ってしまうようですが、それもお客様のご依頼に本気で取り組んでいる証だと思います。

チーフの神田裕之さんは、ご自身が営業をする際、よく自身のご家族の話も持ち出すそう。その理由は「なんだかフェアじゃないでしょう」。仕事として、お客様の生活や家族構成などをこと細かくうかがうのに対して、相手に安心してもらえるよう、自分のことも話すのだそうです。

全く宣伝らしい宣伝をしないでここまでこられたというロックホームサービス。既存顧客に愛され続け、その要望にしっかり応えられているからこそ成せる結果だと思いました。